もう迷わない!ディーラーと民間企業どっちも賢く使い分ける

正規ディーラーと民間企業で車を売った時に違いはある?

ディーラーと取引をするメリット・デメリット

古くなってもう動かなくなった自動車や車検の金額が高いので、思い切って売却したい。そんな時に企業へ依頼をするのですが、どのような流れや仕組みになっているのでしょうか?
基本的に車の買取を依頼した後、現物を持込するのですがネット申込みや現地で査定をしてくれるところもあります。査定が終わり、提示された金額に問題がなければ後は手続きです。買取金額というのは、市場からの需要や中古車として販売しやすいかといった様々な要素で決まります。
売却の際に必要な書類は自動車検査証・発行1ヶ月以内の印鑑登録証明書を2通・自賠責保険証明書・自動車納税証明書となります。必要に応じてリサイクル券が必要になるケースもあります。これらを企業へ渡して頂ければほぼ手続きは完了となり、後は車を引き渡すのみです。支払いに関しては現金、振込と手法が多々ありますが、振込が一般的だと言えます。
売却された車は、工場で入念な検査を行ったり補修を行ったりして市場に流通、または型落ちや動かなくなった車の場合はパーツ取りとして細分化されます。稀にオークションや、海外へ太いパイプのある企業であれば海外へ売却される事もあります。車の売買が意外と簡単ですし、企業がサポートしてくれるのでスムーズに事が運ぶので安心です。
個人売買が盛んだといわれていますが、このようにスムーズにはいきませんし金銭トラブルが多いと言われているので、企業を通しての売買をお勧めします。

売買の流れを知る

一般的に正規のディーラーで車を売却するのはおすすめしないと言われていますが、そんな事はありません。 ディーラーを通して売却する事のメリット・デメリットについて説明しています。ちなみにここで指すディーラーはメーカーと契約をしている販売業者になります。

民間企業で取引するメリット・デメリット

民間企業で柔軟なサービスや対応をしてくれるので、多くの方から支持を得ています。車を売買する際にも民間企業が良いのでしょうか? 民間企業で取引をする際のメリット・デメリットだけではなく、向いているケースについても紹介しています。双方の比較材料にして下さい。

取引の注意点を知る

車を売買すると決めたらすぐに行動!ちょっと待って下さい。取引の際に気をつけるべきポイントや、自分で出来る、出来るだけ高く売却出来るコツを公開しています。 これから取引をされる方や、買い替えを検討している方はチェックして、高価買取を目指しましょう。