もう迷わない!ディーラーと民間企業どっちも賢く使い分ける

正規ディーラーと民間企業で車を売った時に違いはある?

>

売買の流れを知る

何と言っても手間がかからない

オークションや個人売買と車を売却する手段は一つではなくなり、ディーラーを選択する方は少なくなってきた様に思えます。しかしディーラーを使うメリットは実は数多くあるのです。
まず大きなメリットとして挙げられるのが、ユーザーに手間がかからない事です。冒頭で申した様に、売買の際に手続きや手間がかかるのですが、ディーラーだと面倒な手間がなくスムーズに取引が出来ます。
またディーラーの場合は下取りになるのですが、新しい車を購入する際に値引き額の交渉がしやすくなりますし、ディーラーも値引きに応じやすいのもメリットです。
更には全く価格が付かないような車でも、一定の価格で引取りしてくれるので古い車種を売買する場合は、ディーラーの方が良いと言えるでしょう。

必ず店舗へ行く必要がある

ディーラーと取引をする際ですが、いくつか注意すべき点があります。まず1つ目は民間企業の様な出張サービスを提供していないので、必ず店舗へ足を運ぶ必要がある事です。下取りする車にそのまま乗っていけば良いのですが、動かない車や車検の切れてしまった場合は難しくなってしまいます。
またメリットの一つに価格が付かない車でも、下取りしてくれると申したのですがその場合はかなり低い金額となりますので、注意が必要です。民間企業の場合は、他店と差をつける為にある程度の金額を提示してくれるのですが、ディーラーではこのような手法を取っていないのです。
また下取りが目的で、新しい車の値引きになるので自由に使えるお金にならないケースもあるので、気をつけて下さい。