もう迷わない!ディーラーと民間企業どっちも賢く使い分ける

正規ディーラーと民間企業で車を売った時に違いはある?

>

民間企業で取引するメリット・デメリット

買取金額が高い!

民間の買取企業はディーラーよりも数が多く、ユーザーの目線に立ってサービスを展開しているところが数多くあります。
ディーラーにはない出張買取や、夜間帯までの営業といったといったその店舗特有のサービスを提供しています。民間企業は他者と競合する必要があり、少しでも差をつけなければなりませんので、複数の企業から査定額を確認し一番高いところで売買出来る大きなメリットがあります。
また市場流通している車種であれば、多少古くても高価買取してくれるケースもありますので、出来るだけ高く買取して欲しいという場合民間企業と取引をすると良いでしょう。
下取りではなく売却になるので自由なお金が手に入るのも嬉しいポイントといえるでしょう。

正しい知識が必要?

複数の企業から査定を受け取ったり、交渉をしたりとある程度自分で動く必要があります。それが楽しい、または車に関しての知識があるという方であれば問題ありませんが、ディーラーの様に手間をかけたくないという方にはデメリットとなります。
また民間企業の中にはあまり質の良くないところもありますので、売却しようとしている車の粗探しをして安く買い叩こうとするところもあります。この様な民間企業に当たらない為にもある程度の知識が必要です。
他にもあまりにも古い車種や型落ち、または動かない車に関しては値段が付けられない事もありますし、状況によっては処分料金としてこちらが費用を支払わなければならないケースもあります。これらが民間企業のデメリットです。