もう迷わない!ディーラーと民間企業どっちも賢く使い分ける

正規ディーラーと民間企業で車を売った時に違いはある?

>

取引の注意点を知る

売買の注意点とは?

ディーラー、民間企業どちらにしても売買をする際にはいくつかの注意点があります。当然のことながら買取査定(下取り)の内訳はしっかりと確認しましょう。
仮にアナタに知識がない場合は担当者に説明を依頼し、説明してくれない場合は取引を保留にしても問題ありません。内訳がしっかりと説明出来ない場合、何らかの手法で安く買い叩こうとしている事もあるのです。
売却した後のスケジュールについても注意したいところです。ディーラーからそのまま購入し納車するのなら問題ありませんが、民間企業の場合は自分で車の買い付けをしなければなりません。
売却したところで購入するのか?そうでないならどのタイミングで購入するのかをしっかりと計画しておくのがベストです。

出来る限り高く売却したい!

車を売買する際に、ちょっとしたコツで高くも安くもなるのはご存知でしょうか?出来る限り高価買取(下取り)を希望する方は、これらに気をつけてみましょう!
まず持込する前に洗車し、内部も出来る限りキレイにしておく事です。傷や凹みの補修は不要ですが、せめて見た目でもキレイにしておく事で買取担当者の心情が良くなります。
また査定の交渉をしても良いのですが、あまりにも高圧的であったり強引であったりするのはNGです。あくまでも「やってくれたら嬉しい」というスタンスで行く方がうまくいきますし、仮に出来なかったとしても精神的なダメージも低くなります。
また意外だと思われるかもしれませんが、当日は出来る限り清潔な服装をしていくと良いでしょう。